行く人は毎年行きます! スキー&スノボ

好きかそうじゃないかが分かれるけれど、行く人は毎年行くスキー&スノボ。

仲間達と泊まりがけでいって、わいわい楽しめるイベントである点も魅力ですよね。時々あるのが夫は好きだけど妻は苦手、というケース。女性は寒がり・冷え性の人が多いからよけいにかもしれません。この場合、選択肢は2つ。夫だけが友人・知人たちと行くか、妻も一緒にいって楽しむか。友人たちと一緒に出かけるものだけに、できれば2人共通の趣味にしたほうが幸せですよね。苦手意識を持っている人でも、最初の壁を乗り越えてマスターしてしまえば、楽しくなるのはよくあることだし、その後何年間も2人で一緒に楽しめると思えば、ちょっと頑張ってみるべし、です。ウェアやスキー板を選ぶ楽しみもあったり、世界が広がりそうです。

「苦手意識があったけど、夫が好きなので一緒にいって練習しました。夫が教えてくれて、スノボの楽しさに目覚めました」(27歳女性、結婚1年目)

「寒いのが苦手でスキーやスノボなんてとんでもない!と思っていたのですが、夫は学生時代から仲間と滑りに行くんです。その中には女性もいるし、なんだか私だけお留守番というのもつまらなくて。それである年、一緒に行ってトライしてみることに。私の苦手意識が強いのを夫はよく知ってるので、根気よく丁寧におしえてくれましたね。おかげで人並みに滑れるようになって、それ以降は毎年参加してます。あのとき頑張ってよかったですね」(34歳女性、結婚4年目)

夫が妻を指導する、という場面はスキー・スノボに関しては頻繁にあることだと思われます。旦那様は、根気よく優しく教えてくださいね。

スキー・スノボ情報はこちら

『@nifty地域ガイド スキー・スノボ』

http://www.mapple.net/sp_koyo/list.asp