新婚旅行、どこに行く? 

結婚情報誌「ゼクシィ」によると、新婚旅行の平均費用は50万円、平均日数は1週間。一生に一度のことだからと、普段の旅行よりお金も時間もかけるカップルが多いようです。

「こんなに堂々と長期休暇をとれるのは新婚旅行くらい。だからふだんの休みじゃいけない所にしようと、ラスベガスを経由して、メキシコのカンクンに行きました!」(31歳女性、結婚2年目)

というように、海外でも遠方を選ぶ傾向にあるようです。

一方働くカップルでは

「長期休暇を合わせて取ることが出来ず、結局まだ行ってません」(29歳女性、結婚1年目)

というカップルも少なからずいました。

ここ最近のトレンドとして、ハネムーンで人気のスポットの新興勢力はタヒチのボラボラ島や、ニューカレドニア島など、まだマイナーなスポットも。

・国内編

国内外問わず、新婚旅行で人気なのはリゾート地。前項にも書いたとおり“2人でゆったり楽しめる”点に新婚カップルは特に重点を置くようですね。国内だと北海道・軽井沢・沖縄などが人気ですが、この場合挙式もしちゃうリゾート婚が多数を占めています。親族のみを泊まりがけで招待して、数日間滞在、というパターンです。ただし、親族連れだけにこんな場合も想定しておいて。

「親族連れで北海道で挙式しました。ホテルもきれいで食事もおいしくて最高の環境でしたが、だからこそ親族抜きで2人で過ごしたかったなと、ちょっと後悔」(28歳女性、結婚1年目)

・国外編

海外ハネムーンの行き先ベスト3は、1位ハワイ、2位バリ島、3位オーストラリアだそうです(近畿日本ツーリスト調べ)。

1位のハワイは

「2人で甘い時を過ごせる海外リゾート地でありながら、日本語が通じるのがありがたい」(31歳女性、結婚2年目)

との意見が多数。ショッピングが楽しめる点も女性に人気のよう。

2位のバリ島は、

「海外リゾートであること、日本からの距離と予算を考えるとバリになりました」(28歳女性、結婚2年目)

と、手頃なリゾートである点が支持されています。

3位のオーストラリアは

「以前から新婚旅行ではどうしてもグレートバリアリーフに行きたいと思っていた」(27歳女性、結婚1年目)

という女性がけっこういました。

続く4位はイタリアですが、

「妻のブランド好きがイタリアを訪れて初めてわかり、ちょっと引きました」(32歳男性、結婚2年目)

という男性も。とはいえ

「ベネチアの運河下りは新婚旅行でどうしても体験したかったから大満足。夫も本場のイタリアンに満足のようだったし、イタリアを選んでよかった!」(31歳女性、結婚4年目)

というカップルもたくさんいます。