新居の家電&家具をそろえる

楽しくも大変な新居の家電&家具選び。意外と手間取っているカップルが多いようです。そのコツとポイントを探ってみましょう。

インテリア選び入門

・趣味が同じ場合

趣味が同じだと話は早いですよね。インテリア雑誌やショールームなどを一緒に見てイメージを膨らませて、実際の家具選び。ただ、イメージがなかなか膨らまないこともある。そんなときはその部屋に住む具体的な人物のイメージ像を描いてみるといいかも。“週末には友達を呼んでホームパーティを開く、料理上手な妻と、海外を舞台にバリバリ働く商社マンの夫”とか。それを念頭に選んでいく。事実と違っても、理想でいいんです。そうするとイメージが決まりやすく、統一感がとりやすいですよ。

・趣味が異なる場合

趣味が違うと何か選ぶにもいちいちぶつかって、決める前に疲れてしまうという事態に陥りがち。最初からこの部屋は私、あの部屋はアナタ、台所用品は私、オーディオ関係はアナタ、という風に役割分担しておくのが無難でしょうか。統一感がなくなる恐れもありますが・・。そんなとき前述の具体的な住人像の手法を取り入れつつ、選んでみて。でも、趣味が違うとある程度の妥協は仕方ないかもしれません・・・。

・おすすめインテリアブランド&ショップ

先輩カップルはどこで家具を揃えてる?アンケート結果はこうなりました。

1位IKEA、

2位ニトリ

3位大塚家具

4位ACTUS

5位その他(カッシーナなどのインポートもの、セレクトショップ、雑貨ショップなど)

1位のIKEAは種類の豊富さと日本にはない北欧ならではのおしゃれなテイスト、手頃な価格でダントツ人気。店舗のディスプレイも夢があって楽しいとの意見が多数。

2位のニトリは、やはり価格とクオリティのバランス、そして“日本の住環境に合うラインナップ”が挙げられます。

3位の大塚家具は、「新居の家具といえばここかなと思って」とのイメージが強いようですが、確かに、インポートものから日本製まで、幅広い種類の家具の品揃えはナンバーワン。

4位のACTUSは、ヨーロッパを中心とした家具やインテリア小物の販売をしており、その洗練された品揃えと、それだけにとどまらない、センスのいい住空間作りが、インテリアにこだわるカップルに受けているようです。

いずれにしても、予算と、空間全体をセンスのいいものにしたいのか、機能性が高ければデザインはそこまで気にしないのか、など、自分たちのニーズ・こだわりを考え併せて選びましょう。ちなみに、IKEAやACTUSなど、コンセプト・統一感のあるブランドで揃えると、やはり統一感があって、おしゃれ度も高まるようですよ。