親と同居 : 新婚生活

親と同居

できれば避けたいけれど、そうせざるを得ない事情ならば、前向きな同居をしたいもの。同居したメリットを先輩に聞いてみました。

「私も働いてるので、家事は全て義母におまかせ。義母もイヤな顔をせずにやってくれているので、時々お礼に外食に連れ出したり、楽しく同居生活してますよ」(32歳女性、結婚3年目)

「子供ができても働けるのは同居してるからこそ。保育園の送り迎えや、病院へ連れて行ってもらったりしています。新婚当時はイヤでしたが、今はこの環境に感謝!」(34歳女性、結婚3年目)

同居といえば夫の家庭に妻が入るイメージが強いけれど、マスオライフを送ってる夫だってなかにはいるんです。どんなかんじなんでしょう?

「昼間は仕事にいってるし、週末は妻とでかけるし、そんなに義父母と同居って感覚はないんですよ。男だから家事とか期待されないし、義母は息子がいないから本当の息子みたいに世話をやきたがるし(苦笑)、女性が男性の実家に入るより、よっぽど楽だと思います」(36歳男性、結婚6年目)。

二世帯住宅という選択をしたカップルもいます。その理由は?どんなふうにいい関係を築いているのでしょうか?

「夫が一人息子なので同居は決まっていたんです。でも果たしてうまくいくのか不安もあって、夫と話し合って、二世帯住宅という結論になったんです。妥協案とでもいいますか。おそるおそるスタートした二世帯住宅ライフでしたが、思ったよりも快適ですね。玄関を別にしたことでプライバシーは保てていますし、週末の一晩だけ一緒に食事をする以外はあまりおつき合いはないですし、いい距離感だと思います」(34歳女性、結婚3年目)。