離婚が頭をよぎるとき

夫婦をやっていると誰しも一度や二度は考える“離婚”。他人同士が一緒に暮らしている以上、衝突は避けられないことだし、我慢や妥協をしなくてはならないのが結婚というもの。

“結婚とは人生の修行である”とはよくいったものです。そう、修行と考えれば、離婚の文字もすーっと遠のいていきませんか?

“結婚前は両目を開けて、結婚後は片目を開けて”。結婚生活では片目で相手を見るくらいがちょうどうまくいくのです。そしてかの有名なオノヨーコさんは「結婚は10年目くらいからがおもしろい」と言ってます。