ケース12:金銭問題

結婚して初めてわかる、相手の本当の金銭感覚。お互いに今まで知らなくてびっくり、ということもままあるようです。先輩方の実例を見てみましょう。

・タバコ

「こんなにヘビースモーカーだとは結婚前は知らなかったんです。タバコ代がバカにならないんですが、ストレスの多い仕事でどうしてもタバコに手がのびるみたいで。禁煙してっていうのはかわいそうなので、少しずつ量を減らしてって言ってます。私からするとほんと、無駄使いなんですけどね・・・」(28歳女性、結婚1年目)。

・お酒

「私がお酒を飲まないので、飲み代にお金をかけるのが信じられないんです。外で飲むだけじゃなく、家でも常にワインや焼酎、日本酒のストックを置いてて。1本3000円もするワインを毎週数本買うから、けっこうな金額になるんですよね。でも夫からすると私の化粧品代が信じられないようで、だからお互いに無駄遣いと思いながら触れないことにしています」(32歳女性、結婚3年目)

・服

「結婚前はおしゃれなところに惹かれた夫ですが、結婚すると夫の服代の高さにびっくり。『ちょっと控えた方がいいんじゃない』といっても聞く耳を持ちません。お酒もタバコもやらず、おしゃれが唯一の趣味だから、黙認するしかないかなぁ」(28歳女性、結婚1年目)

・インテリア

「夫は建築関係の仕事をしているせいか、インテリアにはうるさくて、家具ひとつとっても高いものばかり選ぶんです。私は通販のもので十分だと思うし、その分将来のために貯蓄したいんですけど・・・。でもこだわりが強くて何をいってもだけなのであきらめてます。確かにいい家具やステキなインテリアのなかで暮らすのは気持ちいいですしね」(33歳女性、結婚3年目)

・アダルトDVD

「結婚後も変わらず借りてるアダルトDVD。一応こっそり借りてるつもりなんでしょうが、すぐに見つかる場所に置いてるんですよね。妻としては気分悪いし、無駄金だなぁと思うのですが、言っても険悪になるだけだし、なにかのときに夫の弱みとして使おうと今は黙ってます」(29歳女性、結婚1年目)。

自分じゃあり得ないお金の使い方でも、それが相手が今までやってきたことなら、ある程度は容認し、あまりにもひどいなら修正の方向に舵を取る。そのバランスが結婚生活をうまくおくる秘訣かもしれませんね。