ケース2:潔癖症

2人の“衛生観念”が異なる場合もやっかいです。これに関してはより高い方のレベルに合わせるのがてっとり早いかもしれません。

「夫は、例えば食器を洗ったら、自然乾燥じゃだめで、すぐにふいて片付けないと気が済まないんです。私はどっちでもいいのですが、丸く収めるために夫の希望通りやってますよ。実家に帰ると自然乾燥ですが」(29歳、結婚3年目)。潔癖症はちょっとやそっとじゃ直らないもの。ならば相手に合わせてしまうのが、賢いやり方。